2nd [January 2021 Vol.166]:ヴィンテージ時計はスタイルで選ぶ。

點閱:1

並列題名:セカンド

作者:2nd編集部

出版年:2020.11

出版社:枻出版社

出版地:東京都

最新發刊 : 20201116

雜誌類型 : 月刊



雜誌簡介: 2nd(セカンド) 以30多歲男性為取向的時尚專門雜誌。若將平日的工作視為1st(最重要)的話假日的休閒服就是2nd(第二重要),以如此概念所命名,提供讀者享受生活型態之資訊的月刊雜誌。 [毎月16日発売]30代男性にとって、平日の仕事服が1st(最重要)だとしたら、休日のカジュアル服が2nd(2番目)。そんな休日スタイルを提案する、語れる洋服を集めた身近でリアルな大人のファッション誌です。 ※電子書版本與紙本雜誌的內容會有一部分不同。 有時電子書會不包含紙本上所刊載的封面或是目錄上的文字、圖片、廣告、附錄。另外,本期雜誌刊載的資訊,原則上為版權頁上所標示的出版日期當時的資訊。 ※電子書籍版は、紙の雑誌とは内容が一部異なり、表紙画像や目次に掲載している記事、画像、広告、付録が含まれない場合があります。また、本誌掲載の情報は、原則として奥付に表記している発行時のものです。

本期內容簡介
 
いい大人が身に着けるアクセサリーはメガネとマリッジリングと、そして腕時計くらい。ならばその分、こだわりをもって選びたいのがオトコ心というもの。ということで今月のセカンドは、ヴィンテージウォッチ特集! これが付いていたら“買い”のレアディテール解説から、ヴィンテージウォッチを取り扱う名店イチオシの時計カタログ、業界人の愛用品スナップ、さらにはいまふたたび洒落者たちの間で注目を浴びているカルティエのタンクシリーズについても深堀り! なぜ高性能な現行の時計ではなく、メインテナンスなどの手間がかかる旧い時計がいいのか、誌面を通して感じられる特集になっています。
 
※電子書版本與紙本雜誌的內容會有一部分不同。
有時電子書會不包含紙本上所刊載的封面或是目錄上的文字、圖片、廣告、附錄。另外,本期雜誌刊載的資訊,原則上為版權頁上所標示的出版日期當時的資訊。
 
※電子書籍版は、紙の雑誌とは内容が一部異なり、表紙画像や目次に掲載している記事、画像、広告、付録が含まれない場合があります。また、本誌掲載の情報は、原則として奥付に表記している発行時のものです。

雜誌簡介
 
2nd(セカンド)
以30多歲男性為取向的時尚專門雜誌。若將平日的工作視為1st(最重要)的話假日的休閒服就是2nd(第二重要),以如此概念所命名,提供讀者享受生活型態之資訊的月刊雜誌。
 
[毎月16日発売]30代男性にとって、平日の仕事服が1st(最重要)だとしたら、休日のカジュアル服が2nd(2番目)。そんな休日スタイルを提案する、語れる洋服を集めた身近でリアルな大人のファッション誌です。
 
※電子書版本與紙本雜誌的內容會有一部分不同。
有時電子書會不包含紙本上所刊載的封面或是目錄上的文字、圖片、廣告、附錄。另外,本期雜誌刊載的資訊,原則上為版權頁上所標示的出版日期當時的資訊。
 
※電子書籍版は、紙の雑誌とは内容が一部異なり、表紙画像や目次に掲載している記事、画像、広告、付録が含まれない場合があります。また、本誌掲載の情報は、原則として奥付に表記している発行時のものです。

  • ARMY TWILL×2nd 別注ミリタリーパンツを作りました!(p.22)
  • [総力特集]ヴィンテージ時計はスタイルで選ぶ。(p.26)
  • ROLEX ロレックスは60万円台までの“ドラ”付きで選ぶ。(p.26)
  • 王道ロレックスはドレス顔が最適解!(p.38)
  • [Air-King] [DATEJUST] ロレックスが誇るドレスの双璧。(p.40)
  • [Bubble back] 世界に先駆けた完全防水の自動巻き時計。(p.42)
  • 皆が欲しがる“ドラ”付きは、決してロレックスだけじゃない。(p.44)
  • 個性派揃いの玄人感がちょうどいい。(p.50)
  • OMEGA [Seamaster] 海の名を冠したドレスウォッチ。(p.52)
  • SMITH 受け継がれる英国随一の本格派。(p.54)
  • 業界注目度ナンバー1の洒落顔、角金。(p.56)
  • Cartier [TANK] カルティエのタンクをもっと知りたい。(p.58)
  • 時計好きが辿り着いた辺境 マイナーな機械式時計の世界。(p.64)
  • なにはなくとも、ミリタリーウォッチがあれば。(p.66)
  • 軍の厳しい要求に応えた、時計メーカーの技術と誇り。(p.68)
  • 覚えておきたい時計の基礎知識。(p.72)
  • VINTAGE WATCH SHOP LIST(p.78)
  • [特別企画] WANTS LIST 編集部員の欲しいもの。(p.104)